「アベ辞めろ」、で、その次は?

「アベ辞めろ」はいいんだが、SEALDsはじめコールしてる人々はその場合次に誰を想定してるんだろうか。

SEALDsのスタンス的には、
もし既存政党から推すのであれば、

  • 再分配の強化と高福祉を重視するなら社民党(共産主義まで視野に入れるのなら共産党)ということで吉田忠智氏(または志位和夫氏)
  • もう少しマイルドに現状からの漸進主義を取るなら、公明党の山口那津男氏

というところだろうか。
民主党は上の中間あたりだろうか。よくわからんが。

または、SEALDsが現在いずれの党とも特別深い結び付きを持たないように見えるところを考えると、

  • 自前で用意する

というプランなのだろうか。

あるいは、なんだかんだで自民党内のハト派勢力から出てきて欲しいということなのか。

finalvent翁も書いておられたが、SEALDs自身の思想的・政治的オルタナティヴは今のところわからず、明確になっているのが「現状の有力者」への反対という部分のみのように見える。

「反対するなら対案を出せ」という反対封じ(イニシアチブを持つ者に「それは対案に値しない」という応答拒否とセットで運用されると、結局反論を立てる路がない)とは分けて考えたいが、批判者としてあろうとするのであれば、自らへの誠実さとして、オルタナティヴの構想に向き合うべきだろうと思う。

関連して興味深いまとめとエントリがあったので置いておく。
『現在の国会前』と『デモというのは議会制民主主義の中では基本的に「敗北主義」である』話。 – Togetterまとめ
イデオロギーポジションマップ – ZF

(2015.09.03追記)
国会議事堂前の「敗北主義」 -最後に笑うものが最もよく笑う・・戦後左翼史のなかの市民ナショナリズム | Football is the weapon of the future

なぜ官邸デモは報じられなかったのか?『首相官邸の前で』社会学者小熊英二さん – 東大新聞オンライン

東京新聞:安保法案 自民内も異論 総務会「デモ重い」意見相次ぐ:政治(TOKYO Web)


効いてるやんけ。