2021.10.03。

曲がりなりにも不定期とは言え原稿料をもらうような立場にいるのだから恥ずかしいものは書けないという無意識な見栄だったり、実父はもういないんだなあというふわふわした喪失感だったり、ネット上でものを書くことの意味がなんだかよくわからなくなってきたことだったり、本業の多忙さだったりが渾然一体となって全然書けない、書かない日が続いてしまった。こんな状態のときはなんでも良いので書き始めてしまうしか対応策はないよな、とこうやって書き始めるのに、えーと……、前回から3ヶ月経ってしまった。

まったく1字も書いていないわけではなく、TwitterでおもしろネタをRTしたりニュースに一言QTしたりなどはしているのだが、リハビリにならないので、やっぱりちょっとたまには書いておくかということでいまキーを叩いている。
Twitterやらはてブで一言言い捨てて言論上の責務を何かしら果たしたような気になってる奴はアホ、みたいなことを昔書いたような気がする。議論が成立しないし、現実に与える影響もある閾値を超えない限りはあまりない、というのがその理由だったが、そういう吐き捨て方をするときは全然脳を働かせずに書けてしまう、という理由も足して良さそうだ。

何の意味もない文章だが、とりあえず500字書けたので筆を置く。