Apple Musicやばいでしょこれ……。

音楽配信のサブスクリプション型サービス(いわゆる定額聴き放題ね)に対して誤解があったんだけど、これ常時ストリーミングじゃなくて端末側に保存してオフラインでも聴けるのね。そこがまず驚きだった(いまどきのサブスクリプションサービスってみんなこうなの?)。

CD以上の音源と比べれば音質は違うが、自宅ではハイクオリティの音源を楽しんでいる人でも、外出先に持っていくのは圧縮音源という向きも多いんではないかと思う。
そうなるとiPhoneなんかで出先で聴く上では、もう使い勝手で全く差がない。
ただ指定の曲を定額で垂れ流せるというだけではなく、自分のライブラリ・プレイリストを構築するために楽曲を購入する必要がまったくなくなってしまう。
今後は音質をアップグレードしたいとき、あるいはパッケージを手元に持っておきたい、特定のアーティストにお布施をしたいときだけ追加で購入すればいいわけだ(AppleMusicのライブラリにある限り)。

いやこれ相当やばいよ。楽しすぎる。

と、思ったのだが……。

もう試してみた方には広まっているところだが、
AppleMusicから楽曲をマイミュージックに加えてオフライン再生可能にするにはiCloudミュージックライブラリをオンに必要があるのだが、これをオンにするとiTunesライブラリがぶっ壊れるという恐ろしい現象が各地で発生している模様。
というかウチのも導入した瞬間にメタメタにされて肝が冷えたぞオイ。

具体的には、

  • 楽曲のレート情報が一部消える
  • 楽曲のアートワークのリンクが外れる、または他のものと勝手に差し替えられる

という現象が発生。
Web上の報告によると、ローカルの曲データが一部行方不明になった方もいたようだ。
どうすんべこれ、TimeMachineで復元かと思っていたが、下記の方法でライブラリを復元できた(Twitterで情報流してくれた方々、本当に感謝です)。

まず、iTunesライブラリのデータというのは、曲自体のデータと、それをiTunesライブラリ上で管理するメタデータに分かれているようだ。
で、今回の大惨事はどうやら曲データが消えてしまった等ではなく、iCloudミュージックライブラリがオンにされた際にメタデータ側に妙な操作が加わってしまったことが原因。

このメタデータはMacであれば
/ユーザー名/ミュージック/iTunes/iTunes Library.itl
という場所にある。
このiTunes Library.itlを元に戻すことができればiTunesライブラリは復活する。
で、このiTunes Library.itlだが、実はiTunesをアップデートするたびにバックアップが自動作成されるようになっている。
場所は上記フォルダと同階層の「Previous iTunes Libraries」フォルダ。

Previous_iTunes_Libraries

今回AppleMusicを利用するためにユーザーはiTunes12.2にアップデートしているはずなので、「Previous iTunes Libraries」フォルダには運良くライブラリが壊される直前のデータが残っている(多分名前はiTunes Library 2015-07-02.itlとかだろう)。

これを現在のiTunes Library.itlと差し替えればよいので、まずiTunesを一度終了し、いまフォルダにあるiTunes Library.itlを一度デスクトップかどこかに移してから、iTunes Library 2015-07-02.itlをiTunes Library.itlとリネームして代わりにファイルを置く。
で、もう一度iTunesを開くと、メタデータを読み込んだ後、ライブラリは復活するはずだ。俺はこれで直った。
(参考 iTunes のアップデート後にコンテンツが見当たらない場合 – Apple サポート

いやー、マジで冷や汗かいた。

しかもプレイリスト同期できねえのかよ。

ライブラリをズタズタにされかけたショックにもめげず再度トライしようとしたのだが、上の復元方法を探しているあいだに、iCloudミュージックライブラリの微妙にめんどくせえ仕様がわかってきて現在保留中。

というのも、iCloudミュージックライブラリをオンにすると、ユーザー自身が所有している曲についても、いちどiCloudミュージックライブラリを経由させる必要がある。オフにしない限りは、これまでのようにiTunesから直接iPhoneにデータを入れることはできない。

おそらくAppleMusic上コンテンツの著作権保護のためなのだろう。
AppleMusicからのDL曲とユーザー所有曲をシームレスに利用させるため、「iCloud – iPhone」という閉じたシステムへと一度ユーザー自身の所有物について投げ込ませるわけだ。

かなりのまじかよめんどくせえ感があるのだが、しかしこれだけならめんどくせえで済んでいたのだが、このiCloudミュージックライブラリ、アップロードされるのは曲データだけである。

  1. iCloudミュージックライブラリをオンにするとiPhoneへのデータ同期はそれ経由のみ。
  2. iCloudミュージックライブラリへアップロードされるのは曲データのみ。
  3. プレイリストはどこから入れるの?
  4. ……。

以上。解散。